生活者通信 2019年10月号 No.337

生活者通信337号sのサムネイル生活者通信 2019年10月号 No.337

生活者通信No.337 2019年10月1日発行

(1面)

◆学校がゆがめる子どもの心
「道徳」教育の歴史と「教科化」の問題点
安倍政権が進めた教科化
子どもの内心に国家が介入する!?
杉並・生活者ネットワーク事務局長/東京・生活者ネットワーク前都議会議員 小松久子

 

◆今 いま NOW
住民訴訟/判決間近!
警視庁機動隊の沖縄派遣は違法!
派遣理由も手続きも不透明、
ヘリパッド工事自体が違法行為だ
警察庁機動隊沖縄への派遣は違法住民訴訟原告/小平・生活者ネットワークメンバー 武田 恵

 

(2面)

◆東京・生活者ネットワーク 都議会REPORT
都議会第3回定例会を終えて
東京2020大会、文書管理の徹底を問う
東京2020大会の意思決定過程、組織委員会の文書も含め、都が保存・管理せよ
「SOGI(性自認・性的指向)基本計画」に、当事者の声を
犯罪被害者等支援条例制定にむけ、行政支援とともに支援団体の充実を
選択的夫婦別姓法制化を求める意見書、自民党が反対。国への提出ならず遺憾
東京・生活者ネットワーク都議会議員 山内れい子[国立市・国分寺市]

 

◆都政NOW 区市とつなぐ
どうする?東京の水道――
武蔵野発連続学習会から
「水」は、命を守るとりで!!
コンセッションでは水道事業は救えない
武蔵野の水――今とこれから
足元の水源――地下水を保全し、飲み続けよう!
武蔵野・生活者ネットワーク市議会議員 西園寺みきこ