生活者通信 2018年11月号 No.326

生活者通信326号sのサムネイル生活者通信 2018年11月号 No.326

生活者通信No.326 2018年11月1日発行

(1面)

◆西東京市「子ども条例」制定へ!
子どもの育ち、学び、参加する権利を支えるまちへ
実効性のカギを握る、第三者機関の設置と子ども参加
西東京・生活者ネットワーク市議会議員 かとう涼子(かとう・りょうこ)

◆今・いま・NOW
都内では初!
西東京市議会 東海第二原発の運転延長阻止・廃炉を求める意見書を可決!

(2面)

◆東京・生活者ネットワーク都議会REPORT
ありのままの自分が尊重され人権が保障される社会へ
都道府県初の「人権条例」成立 多様な人々の人権が保障され排除されない都市への第一歩を
・SOGIありのままの自分がありのままで尊重される社会へ
・表現の自由、集会・結社の自由を脅かすものであってはならない
豊洲新市場に、ひび割れ 変わらぬ「隠ぺい体質」
東京・生活者ネットワーク都議会議員[国立市・国分寺市] 山内れい子(やまうち・れいこ)

◆都政NOW 区市とつなぐ
介護予防・日常生活支援総合事業に関する第3回調査から
変容する介護保険・問われる制度再構築/決めるのは市民
継続調査から見えてくる新総合事業の課題
その人の暮らしを支えるしくみとは
老老介護、認認介護、在宅介護を支える/地域共生社会の主体は市民!
国分寺・生活者ネットワーク市議会議員 高瀬かおる(たかせ・かおる)